様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。
今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。
インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。
インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。
こちらもどうぞ⇒歯のホワイトニング専用の歯磨き粉