歯を骨に埋め込む

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。
痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
PR:歯の汚れがひどいと歯が真黒い

コメントを残す